★Hiro&Reiのキョンタの森!

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛吹雪

<<   作成日時 : 2014/01/22 19:35   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

青い森の国から

夕方ちょっとした用事で五所川原市に行って来ました。

行く途中雪はチラチラ降っていましたが帰りは猛吹雪です!


画像


地元青森の新聞にはこの様な記事が載っていました。




地吹雪ツアー始まる/五所川原




 五所川原市金木町で20日、冬の名物イベント「地吹雪体験ツアー」(津軽地吹雪会主催)が始まった。初日は冬のレジャー用として注目を集めている「スノーシュー」と、昔から使われてきた「かんじき」の和洋2種類の補助具で歩き比べする企画を開催。風物詩の地吹雪を味わうことはできなかったが、主に津軽地域から参加した28人が、ふかふかの新雪を踏みしめた。

 スノーシューを冬靴に装着した参加者たちは、2本のポール(ストック)を手にスタート。五所川原ノルディック・ウォーク倶楽部の小田桐匡孝代表からアドバイスを受けながら、芦野公園内から地吹雪体験会場まで約3キロのコースを散策した。

 会場の水田には約1メートルの雪が降り積もり、一面真っ白。雪が舞う中、かんじきに履き替え、角巻を頭からすっぽり羽織った一行は、時折走ったりして新雪を踏む感触を楽しんだ。

 大学で陸上競技をし、青森市に帰省中のマロン航太さん(21)は「良い運動になるけれど、寒いですね」と笑顔。中泊町の野上陽子さん(35)は「かんじきは軽くて歩きやすい」と昔の人の知恵を感じていた。

 主催者によると、今年で27年目を迎えたツアーには、これまで国内外から約1万2千人が参加。今季は2月23日まで開催し、台湾のツアー客ら300人超の体験者を見込んでいる。



凍てつく吹雪の中でクルマが立ち往生したなどニュースに



五所川原からの帰りは猛吹雪でノロノロ運転でした。


ブログパーツ時計

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キョンタさん〜、角巻ってのは頭から肩にかけてる、赤味色の羽織ったものでしょうか。。
さとし君
2014/01/23 02:29
子供の頃母の角巻きに入り吹雪の中
銭湯に行った思い出があります!
キョンタ
2014/01/23 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
猛吹雪 ★Hiro&Reiのキョンタの森!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる